子供と英会話

「子供のころから英会話を習って、ネイティブのように話せるようになっていれば」と、誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?そうです。確かに子供のころからの勉強は、大人になってからの基礎となっているものが多くあるため、幼いころに語学を勉強しているのであれば、大人になってからの苦労も少なくてすみます。
愛するわが子にそんな苦労をさせまいと、多くの親の方は、自分の子供を英会話のスクールに通わせたり、英語を使う環境に自分の子供を置いたりして、何とか自分のようなつらい経験をさせないでおこうと思っているかもしれません。また、英才教育の一環として、自分の子供に英会話を習わせている方もいらっしゃることは確かです。

これほどまでに英語教育に多くの方が力を入れるのはなぜでしょうか?それは、今からの時代、グローバル化に伴って、英語が話せて当然の社会になっていくでしょうし、英語を話すことが出来れば、仕事にも、勉強にも、ありとあらゆる分野で有利だと思うからです。
その英会話をはじめる時期が、そうです、子供の時代からということになります。そうするならば、「日常使う言葉として、苦労をあまりせずに自然と話せるようになる」ことを多くの親は願っているからです。

子供の性格と英会話

幼いころから、英会話を話す環境に子供を置くならば、幼い子供であったとしても、すさまじい速さで英語を習得していくでしょう。ちょうど、乾いたスポンジを水いつけると、すさまじい勢いで水を吸収していくのと同じです。
しかし、ある子供は英会話を習ったり、話し出したりすることを嫌う子供もいます。親は一生懸命子供に教育を与えるのですが、どうしても子供本人が、英会話を受け付けないのです。その原因はどんなものを考えることが出来るでしょうか?
一つは、本人の性格に問題があるかも知れません。英会話スクールなどに通って、他の子供と自分を比べてしまうのです。こうなると、楽しい英会話スクールも苦痛の英会話スクールに変わってしまうでしょう。本人が自分のペースで学習をすることを知らないため生じる問題であり、教師の側にも問題があるかもしれません。
では、自分の子供に英会話を習わせるにあたって、親としてどんな教え方をすればよいのでしょうか?どうすれば子供は英会話を上達させることが出来るでしょうか?その方法としてどんな方法があるでしょうか?